カテゴリー別アーカイブ: log

ポインタ渡しと参照渡し

openFrameworksで使用するC++言語の仕様に関して、

  • ポインタ渡しの場合は、呼び出し側が引数として、アドレスを渡す必要がある。
  • 参照渡しの場合は、呼び出し側が引数として、ままオブジェクトを渡す。
ポインタ渡しのコード

FuncA(int *p)
{
*p = 2;
}

参照渡しのコード

FuncB(int &p)
{
// 参照=エイリアスなので、中身(値)は変更出来るが、アドレスは変更できない
p = 10;
}

void main()
{
int a = 1;
int* pa = &a;

// アドレスを渡す
FuncA(pa);

// まま変数を渡す
FuncB(a);
}

以上で、問題なし。あえて言うなら、参照は単なるエイリアスなので、渡した引数のアドレスは変更できない事に注意する。

そして問題は次。ロベールのC++を読んでいて、下記のソースが出てくる。

1
2
3
4
funcB( int*& pa )
{
// pa は、ポインタの参照です。
}
ポインタの参照とはポインタのエイリアスにあたる。この関数を呼ぶ場合はfuncBの引数には、ポインタを与える。

で、結局

int *pa;
funcB(pa);
引数にポインタ    =ポインタを渡す
引数にポインタの参照 =ポインタを渡す
と、両パターンとも、ポインタを渡していることに代わりはない。
が、2のパターンでは、ポインタの参照(エイリアス)を渡しているので、

関数内で、渡したポインタの値(=アドレス)を変更する事が出来る。
でも関数内では、ポインタ(=アドレス)の変更は可能だが、関数処理が終了したら、呼び出す前のポインタ(アドレス)をさしたままとなる。

openFramewoksのオフィシャル記事は良記事。

撮影機材基本

外で撮影業務を行う際に、まず最初に気を付けた方が良い事がある。以下に列記する。

 

撮影

・ホワイトバランスは必ず取る。真っ白のカード。
・露光は多めに。できるだけ光を取る。
・視点の移動は遅いと感じるくらいで十分。再生速度はポスト処理で。
・オートフォーカスは使わない。
・大きめに撮影し、小さめの画角を使う。
・基本は定点固定、三脚必須。

 

編集

・エフェクトや最終処理は編集段階に。
・目の錯覚を使う。近くの物から遠くの背景にフォーカスが変われば意識もそちらに動く。

 

ハード

・カメラはレンズ次第である。考慮に入れたボディを選択すべき。例えば、Canon 5D Mark2 / LUMIX GH4 などが挙げられる。

ジブラルタルキタル

BOOMを終え、一路リスボンからジブラルタルへ。アフリカ大陸を眼前に望むイベリア半島の小国。タックスヘイブンでもあり、スペイン側の街ラ・リネアから仕事で訪れる人も多く、また観光都市でもあるため日中は人が多い。その分夜半は閑散としている感がある。ジブラルタルロックの麓にあるSARAの家へ宿泊。

岩山が中心にそびえ立つ。麓から山頂にかけて猿が歩き回る。頭に飛び移られたり鞄を探られたり、いじられている観光客もいるけれども猿自体がジブラルタルの観光資源にもなっているようで、そこはご愛嬌というところ。

街の共用語は英語。スペイン人の居住者も多いためスペイン語も多く聞こえる。総合するとスペイン語なまりの英語をよく耳にする。泊めてもらったSARAとMIKEは共にスペイン人。抑揚のある英語を話す。普段耳にするトーンではないから面白い。

夜は紹介してもらったPieroと一緒にラ・リネアにあるアルゼンチン料理Patagoniaへ。ここのチミチュリがにんにくが効いていて絶品だった。肉に付けてもパンに付けても食が進む進む。夜の10時過ぎでもどんどん客が増えてくる。シエスタのあるスペイン、晩飯も遅い。そして太っている人も多い、、。

ここはバルセロナ

BOOMに向けベルリンを出発。Vuelingというバルセロナが拠点のLCCを利用することにしたのでテーゲル空港へ。バックパックにテントをくくりつけるだけでは不十分とのことで、透明のビニール袋にまるっとバックパックを入れてチェックインカウンターに預ける。道中はバルセロナ経由リスボン着で計6時間程度。つまりはトランジットの時間が短い。チェックインカウンターでは既に30分遅延の文字が。まぁVueling同士だし連携を取ってくれるだろう〜と思ってたのが甘かった。。。

30分遅れて機内に乗り込みさらに30分飛行機は飛ぶ様子を見せない。そして離陸、飛行、着陸態勢の時には既に次の便の離陸時間を越えている。バルセロナとベルリンの時差は無いからやっぱり越えている。LCCのDELAYは覚悟していたけどやっぱり既に越えている。バルセロナに着きInfoで聞くと予定の時便はちょいDELAYで飛んだよとのこと。。うそーん。。。次の便にフライトチケットを変更。それは翌朝、ということはバルセロナに一泊が決定。預けた荷物は一旦受け取って翌朝改めてチェックインカウンターで預ける運びとなった。

ベルリン発の便の荷物ベルトコンベアーで待つ。待つ、待つ、そしてベルトコンベアーが止まる。。うっそーん。。。手ぶらでBOOMはハードすぎるだろうとロストバゲージカウンターへ。リスボンまでは行ってないだろーとは思っていたけど、30分程度待ったらまるっとビニール袋が外された状態でコンベアーで運ばれてきた。むき出しじゃないかい。

Vuelingに斡旋されたホテル、TRYPへ。空港近くで飛行機が飛ぶ音も聞こえる。この系列のホテルはベルリンにもあるみたい。リスボンではドミトリーに泊まる予定だったけどバルセロナにてツインのバスタブ付きに。

風呂入ろう。

International Berlin Beer Festival

International Berlin Beer Festival。Strausberger PlatzからFrankfurter torまでのKarl-Marx-Allee沿い2km以上に渡って出店が並び2000種類以上のビールが飲める。飲む飲む飲む。。共通グラスの存在に気付かずにデポジットのグラスが返せず家に持って帰る。コンセプトはただビールを飲みまくるフェスティバルだけれども、たくさんの人が集まるコトを見ると、祭りでワイワイみんなとワイワイすることは万国共通の素晴らしさがあるし価値がある。

BOOMに向けて準備。テントに寝袋にブランケットにシャツにパンツにと色々とそろえる。客層や雰囲気はすげー良いだろうから、音ももちろんデコとかVJとかライティングとかの演出の方にに注目してがっちり体感したいなー。楽しみ。

自転車

ベルリンが東西に分かれていた時、東ベルリンはトラムを公共交通機関として拡張したため、東側はトラムの線路と並走している道路が多い。自転車で東側を走っていて油断をしていると、タイヤが溝にはまる可能性があってとても危ない。

そして今日初めてトラムの溝にはまって吹っ飛んだ現場を見た。真正面にいたけれどずっとこちらを見てたんじゃないかくらい安定して飛んでいた。すぐに立ち上がって笑うコトが与える安心感は大切だ。夕立の日の暮れに水たまりをよけようと自転車道から歩道に乗り上げるときに吹っ飛んだ時の自分を思い出した。

東側は油断ならない。

偶然

「おれの親父は塾の先生で…」

『どこでやってたの…』

「東京の恵比寿で…」

『おまえの名字Nakadaだよな、それって駅前の…』

「え、知ってるんすか…」

『知ってるも何もそこに行ってたよ…』

のような流れで、ベルリンで仲良くしている友人はおれの親父の塾の教え子だったってコトが発覚。生涯において二度はないかもしれない偶然。。。

Touch Panel

タッチパネルのインタフェースが面白い。これからはいろいろな既存製品にパネルが着いていってタッチパネルのインタフェースに触れる機会はどんどん増えていくだろうし。Computer Visionと合わせて面白そうな業界。

Mauerparkのサンデーマーケットへ。渋いネパール人が渋い顔をして粋なシャツを売っていた。シャツ4枚購入。

Log

前のブログの記事がぶっ飛んだため改めて最初の投稿。泣ける。。ベルリンに来てからの日本語力低下にストップをかけることを目標に。