音の周波数

音の周波数は、ざっくり、低域、中域、高域に分けられる。

  • 低域:「グルーブ」、「リズム」
  • 中域:「重さ」、「パワー」、「エネルギー」
  • 高域:「メロディー」

 

中高域

中高域はだいたい150Hzから350Hzである。

300Hz~600Hz辺りのLow Midは、Mix全体を通してもモコモコとする帯域。
800Hz~2KHz辺りは、コード感や音程の存在する楽器にとって、メインの帯域。
(人間の声は800~1.2KHz辺りに最も集中している)
1.3KHz~2Khz辺りも、人間の耳では特に耳触りな音が響いている様に感じる。

 

高域

2KHz~4KHzと4KHz~7KHzはスネアのアタック音が非常に多く詰まっており、後者はKickのアタック音=存在感を出すのに良い部分。この辺りの成分を持ち上げると、「バチッ」という音の成分が強くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>