英国ドラムンベースの始まりの隆盛

1990年代の半ばになると、ドラムンベースのビートは、英国に熱狂的なエネルギーとリラックスしたバイヴスを生み始める。数々の名曲も多々誕生した。

ドラムンベースはコンピレーション・アルバムによって繁栄したジャンルだった。ロンドンを除く英国の都市においては、アンダーグラウンド・チューンのコンピレーションはシーンの拡がりに確実に奏功した。

 

Goldie : Timeless

Goldieはテクノロジーの可能性を探り続けていた。Reinforced Recordsの所属であり4HEROのMarc MacとDegoとともに、究極のアンビエンスを求めて数え切れないほどのテープの音をサンプリングして、リサンプリングをして、音を変形させ、極上のトラックを作り上げた。創造性に富み、高度で、細部に渡り容赦なかく強力で、未踏の音景を探検した。

 

Diane Charlemagne

ダイアン・シャーラメインは、英国出身のシンガーソングライターで、ジャングルやハウスのMC界のディーバだ。ソウルフルで聴く者の心に響きわたる歌声をGoldieの「Angel」「Inner City Life」や、ハウストラックではSatoshi Tomiieの「Inspired」に吹き込んでいる。

 

DJからLIVEヘ

ホーム・リスニングの領域で浸透をし始めたドラムンベースは、スタジオからフロアへとプレイスタイルを持ち込む必要があった。ジャズ・ジャングリストのAdam Fがリリースしたジャズ・トラック、バンドの生演奏とMC Conradのボーカルをフューチャーした「F JAM」のリリース・ライブツアーでは、シーンに多大なる影響を与えた。

 

BBC Radio One

Kool FMやKiss FMや海賊放送のラフなサウンドを流す放送に加えて、BBCはブラックミュージックとクラブミュージックに焦点を当てた企画をスタートする。それは、ジャングル・シーンの歴史を追った「One in the Jungle」という番組である。大手の、しかもBBCがシーンに関わる事はアンダーグラウンドのコミュニティーからすると大きな反発が起こった事は事実ではあるが、資金とドラムンベースを求めているリスナーが十分いるというマーケティング結果により実現した。Roni Size、DJ Krust、Kenny Ken、Micky Finn、Nicky Blackmarketと言った錚々たる面子がDJを担当した。コミュニティの嫌悪に反して、BBCは英国のシーン拡大の一翼を担った事は間違いない事実と言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>