ジレンマからの昇華

1994年当時、ジャングルのシーンは、確かにロンドン中心のマーケットに向けた地下ビジネスを形成することに成功していた。しかしながら、メディアに目を向けるとシーンを正確に発信していた媒体はファンジンと海賊放送に限られていた。

 

マス・メディア

DIYな活動によりジャングル・シーンを担っていたDJやプロデューサーが設立していたレーベルは、活動を広げるために広い消費者層を求めていた。ここに、リアルでアンダーグラウンドを追求する姿勢と経済的に発展したいという対立する意見が生じることになる。

アンダーグラウンド・ダンス・ミュージックを取り上げていたMTVの「Partyzone」は、ジャングルミュージックを取り入れていた。大手レコードにセルアウトをした元海賊放送局であったKiss FMは、うねる需要を追波にジャングル・シーンを取り上げていた。ジャングルは単にアンダーグラウンドのものではなくなってきていた。しかしながら、シーンのうねりを真に理解しているメディアをプロモーターは数少なく、シーンのプレイヤー側ではリアルでレイジなアナーキズムとビジネスとメディアのコマーシャリズムが派閥を背景にぶつかり合う事となる。

 

オーバーグラウンドに向けて

望みはシーンのアンダーグラウンド性とリアルさを保ち、同時に少し金儲けをしたかっただけだった。ビジネスのゲームに参加したがらなかっただけであったが、知らずの内にゲームに参加するように時代は進んでいった。

 

Goldie

泣く子も黙るGoldie。Metalheadzの首領、大英帝国勲章の金歯のGoldie。彼は音を進歩させることに没頭することと並行し、ビジネスの威力を利用して、メジャー・レベールと取り組むようになる。壮大で荘厳な24分間の大作「Timeless」をロンドン・レコーズとの契約につなげ、アーティスティック・コントロールは、すべてGoldieに委託されていた。

ジャングルはオーバーグラウンドの空気が漂ってきた。そのビジネスを背景に、野外やスクワットを舞台に踊り狂う事でエネルギーを爆発させるハードでラフなジャングルサウンドと新芽を分かち、ホーム・リスニングにも適するスムーズなメロディアスでドラムンベースが登場する。

 

フロアはこう叫び続けるのだ

Rewind!! Make some Noise!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>