アンダーグラウンドワールド

シーンの発展や拡張は音楽的な進化だけではない。インターネットがまだ浸透していない時期において英国以外のシーンへの進出も必要であることは明確であった。

 

ドラムンベースの世界的隆盛

クラブミュージックシーンの2大マーケットであるアメリカと日本は、当時の英国のレーベルやDJからまず制覇する国であった。時は1996年前後SOURやMetalheadz、ReinforcedやGanja Crewといったレーベルの面々は、東京はマニアック・ラブ、ニューヨークはKonkrete Jungleといった箱を熱狂の渦に巻き込んで行った。他にもパリ、チューリッヒ、バルセロナといったヨーロッパの各都市やオーストラリアやシンガポールといったアジアオセアニアの地域にも着実にシーンは根付き、また若きクリエイター達がドラムンベースのトラックを作り始めようとしていた。シーンの拡大には英国のDJだけではなく、現地のプロデューサーやプロモーターの力が働いていた。多くのレーベルやDJ達、そして現地の彼ら彼女らの努力によって、ドラムンベースの音は世界中に浸透をしていった。

 

クロスオーバー

ドラムンベースの音楽的進化としては他ジャンルとの相互作用がある。ハウスやテクノは、ジャングルとドラムンベースの成長に絡み合っていた。FabioやGrooveRiderは、ストリクトリー・リズムとニュー・グルーヴのハウス・サウンドがジャングルと繋がっており、ドラムンベースはハウスの歴史と結びついているという発言をしている。

ドラムンベースが取り入れたテクノサウンドも存在する。Andrea Parkerの「Melodius Thunk」やInnerzone Orchestraの「Bug in the Bassbin」などだ。特に後者は1995年において全てのDJセットでスタンダード曲となりフロアを沸かせた。相互的にドラムンベースをチェックする層がテクノ・ハウスシーンにも多くなり、フランスの著名DJ Laurent GarnierはDJセットの中にドラムンベースのセクションを加えるようになった。

DJスタイルでフロアを踊らせるトラックではなく、ブレイクビーツ・サイエンスを追求する実験派アーティストも登場するAphex TwinのRichard D James、μ-ZiqのMike Paradinas、Luke Vibert、SquarepusherのTom Jenkinsonなどだ。彼らはビートを切り刻み、分解されたブレイクビートを難解で複雑なシーケンスと融合させ、奇怪なグルーヴを作り上げた。異端であり、そのように認められていながら、彼らが放ち出すサウンドは間違いなく迫力があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>