jitterでgl系のグラフィックをsyphonで送信するとき

jitterでgl系のグラフィックをsyphonで送信するとき、

jit.gl.asyncreadで描画したものをsyphonserverに送るものの、解像度も下がるし、画角も小さくなる。

どうやらsyphonは、テクスチャのマトリクスしか送受信ができないようで、jitterからはjit.gl.slab/textureを最終のアウトプットとして用意する必要がありそう。
jit.gl. objects communication with syphon

  • jit.gl.texture @name “NAME” を配置。
  • jit.gl.render へ to_texture “TEXTURE” メッセージを送る。jit.gl.texture に最終画像をレンダリング。
  • jit_gl_texture の第1インレットからjit.gl.syphonserver へテクスチャマトリクスを送る。

によってgl系のグラフィック映像がSyphonで送れる。